Preplyの手数料が高いって本当?日本語講師経験者が徹底解説!

WORK
はてなクマ
はてなクマ

Preplyの手数料が高いって本当ですか?Preplyでオンライン日本語講師やってる人に、Preplyの手数料の仕組みについて聞きたいな〜

今回はそんな質問に答えていきます。

✔︎この記事のテーマ
Preplyの手数料が高いって本当?日本語講師経験者が徹底解説!

✔︎この記事を書いているわたしは
ポーランドで日本語講師をしています。Preply歴は3ヶ月ほど。資格なし経験3ヶ月でPreplyを始めました。

Preply:オンラインレッスン用のプラットフォーム。学習者と講師をマッチングしてくれます。

日本語を学びたい人が世界中から集まってくるので、オンライン日本語講師にぴったりのサイトです。

Preplyの手数料は18%〜33%

preply-comission
出典:Preply公式サイト

Preplyの手数料はこんな感じで、18%〜33%です。

時間数手数料
0-20時間33%
21-50時間28%
51-200時間25%
201-400時間22%
401時間以上18%

「時間数」というのは、講師が今までPreplyで何時間レッスンしたかということです。Preplyで長く教えていれば、自然と手数料が減っていくので、収入が増えていくシステムです。

例えば、Preplyを始めた時は0時間なので、33%の手数料がレッスン料金から引かれます。

私は1時間15ドルで授業料金を設定したので、1レッスンにつき、10.05ドルずつ収入として入ってきました。

preply-comisshion

初めての生徒との1回目のレッスンは手数料100%

preply-comisshion3

ここで、注目して欲しいのが、1回目のレッスン料金。0となっていますよね・・・。初めてレッスンする生徒との1回目のレッスンは、Preplyに手数料として授業料金の100%払う必要があるんです。

手数料100%=無料でレッスンしなければいけません。

「無料で体験レッスンする」と考えれば「しょうがないか〜」と思えます。さらに、世界でものすごく知名度が高いPreplyのおかげで、生徒を見つけることができているのも事実ですよね。紹介料と割り切って、気持ちよくレッスンしたいものです^^;

はじめのレッスン無料というのは講師側にとってデメリットですが

Preplyには他のサイトにはない、大きなメリットもあります。

それは、「Preplyはリピーターを獲得しやすい」というところ。

なぜリピーターを獲得しやすいかというと、学習者さんは1回目のレッスンを体験できるのですが、2回目以降はその先生とのレッスンパッケージのみ購入できます。

レッスンパッケージは5時間、10時間、15時間、20時間。1レッスン1時間が基本なので、5回以上のレッスンを購入してもらう仕組みです。

この仕組みのおかげで、ほとんどの生徒が体験レッスン後、リピーターになってくれます。

私の場合、Preplyを始めて初めの月に2名の生徒から体験レッスンの予約が入り、次の月には週1でレッスンしてくれました。

2名の固定生徒を獲得すれば、月収1万円ほど稼ぐことができます。(レッスン料金15ドルの場合)

副収入で月に1万円入ってくると嬉しいですよね。もちろん、頑張ればもっと稼ぐこともできます。

手数料は取られるけど登録料は無料

こんな感じで、Preplyでレッスンを行うと、手数料としてPreplyに18〜33%(体験レッスンのみ100%)の手数料をPreplyに支払う仕組みです。

手数料はレッスン料金から支払われるので、無料で登録して始めることができます。
初期費用0円で在宅のオンラインビジネスができるって、ふつうに嬉しいですよね。

私は副業で始めて、2ヶ月後には月収1万円ほど稼ぐことができました。(たった10時間、在宅でレッスンして1万円です)

人気講師は、1週間で550ドル稼いでいるそうですよ。

まずは登録してみて、ぜひ、新しい世界を覗いてみてください^^いろんな国の学習者さんと繋がれるので、とても楽しいです!

✔︎ Preply:無料で登録できます

登録の方法はこちらのブログにまとめています↓
Preplyで日本語講師になる方法【登録〜レッスンまでまとめ】

タイトルとURLをコピーしました