海外フリーランス5つの職種【始めて半年後の月収や難易度を比較】

WORK
フリーランスしたいクマ
フリーランスしたいクマ

フリーランスとして働きたいけど、実際どれくらい稼げるの?全くの未経験から始めるし、目安がわからない・・・そもそも未経験から始めて難しくないのかな?今後の参考のために具体的な情報が知りたいな〜

といった疑問に答えていきます。

この記事の内容:

  • 海外フリーランス5つの職種「6ヶ月後の月収を比較」
  • 海外フリーランス5つの職種「難易度を比較」

この記事を書いている私は:

ポーランド在住のフリーランスです。海外でフリーランスで5つの職種を始めて、6ヶ月後に月9万円ほど稼げるようになりました。ポーランドは物価が安いので、生活費は月3万円くらいで生活しています。

私が海外で未経験から始めた5つの仕事

  1. 日本語教師
  2. WEBライター
  3. ブログでアフィリエイト
  4. バイマ
  5. 旅行ガイド


(5つの職種の始め方はこちらに書いています▼)

5つの仕事を始めてみて6ヶ月。それぞれの感想や月収を比較しながら紹介していきたいと思います。

日本のアパレル会社で8年間洋服を販売していた私が、「全く未経験の5つの職種」をフリーランスで6ヶ月続けた結果です。

それでは早速見ていきましょう〜

海外フリーランス5つの職種「6ヶ月後の月収を比較」

まずは月収から。全てを未経験からチャレンジして6ヶ月後、それぞれの月収(1ヶ月間の収入)はこんな感じになりました。

海外フリーランス5つの職種月収ランキング

収入支出利益
1. WEBライター65,000円0円65,000円
2. 日本語教師30,000円0円30,000円
3. ブログ4,000円1,000円3,000円
4. バイマ0円0円0円
5. 旅行ガイド0円0円0円
TOTAL99,000円1,000円98,000円

私は仕事を5つの仕事を同時進行しながら進めたので、それぞれの仕事にかけた時間は短めです。1つの仕事に専念すると、結果はまた違ってくると思います。

3ヶ月で一番利益が出たのはWEBライティングで、65,000円ほどでした。

始めてすぐ、ランサーズで募集されているライティング案件にドンドン応募。始めて3ヶ月は月20,000円前後でしたが、4ヶ月後からは安定して5万円以上稼ぐことができています。

時給で計算した時の給料は?

5つの職種の月収を比較しましたが、それぞれにかけた時間が異なります。わかりやすいように時給でも計算してみました。

収入時間仕事数時給
WEBライター65,000円65時間11記事1,000円
日本語教師30,000円15時間15回2,000円
ブログ3,000円10時間2記事300円
バイマ0円0円0回0円
旅行ガイド0円0円0回0円
TOTAL98,000円90時間

時給で計算すると、WEBライティングより日本語教師の方が高くなります。日本語教師の仕事だけに熱を注ぐと、月5万円は達成できるのではないでしょうか。

時間も私は月たった90時間の実働です。会社員時代は月160時間は働いていたので、それを考えると収入は減って当たり前ですよね。時間を増やすと、収入も伸びると思います。

海外フリーランス5つの職種「難易度を比較」

海外でフリーランスとして全くの初心者から始めた5つの職種について、稼いでいく上での難易度を比較していきたいと思います。

日本語教師とWEBライターは難易度低め

日本語教師とWEBライターは始めてすぐに収入を得ることができたので、難易度は低めだと思います。

どちらも全くの初心者からスタートでしたが、やりながら方法を学んでいきました。

日本語教師

オンラインと対面両方でレッスンしていますが、どちらもサイトに登録するとすぐに数人からメッセージが来ました。

特にオンラインレッスンのプラットフォーム「Preply」では、すぐに3名の生徒とレッスンが決まり、内2名は毎週のレッスンに繋がりました。対面レッスンでは1時間2000円、オンラインレッスンでは1時間1500円に設定しています。

▼この記事でオンライン日本語教師の収入や登録方法をまとめてます

WEBライター

WEBライターはクラウドソーシングサイトを使って、未経験でも仕事をもらいやすいのが大きなメリットです。書けばその分報酬がもらえるので、確実に収入を得ることができます。

ちなみに、私が登録しているクラウドソーシングサイトはクラウドソーシング「ランサーズ」クラウドワークス。特にメインで使っているのはランサーズで、WEBライティングのほとんどの仕事はランサーズを通していただいています。

ブログは楽しいけど難易度高め

ブログを書いてすぐに収入を得るのは難しいです。始めて6ヶ月で得た収入は4000円のみです。

また、他の職種と比べてサーバー代など初期費用も少しかかります。とはいえ、わたしは6ヶ月でブログを10記事しか書いていません。1ヶ月に10記事20記事とか集中して書けばもっと成果があるかもしれません。

ブログからの収入はあまりないですが、何より自分のコンテンツを作っていくのはとても楽しいです。

また、直接の収入には繋がらなくても、自分を知ってもらえるためのツールとして大切だと思っています。フリーランスとしてやっていくには宣伝も営業も自分でやっていく必要があるので、自分がどんな人かを書いて、積み上げていくブログはとても重要な存在です。

バイマは「輸入業」計算が得意な人向き

Byma(バイマ)を海外でやるには、海外で買い付けたものを日本国内に売っていく流れになります。海外で直接買い付けができるので、国内でやっている人より有利です。

ただ、そうなると個人でやる「輸入業」です。単に仕入れと販売の値段の計算だけでなく、と関税や為替の細かい計算が必須です。

私には向いていなかったので、すぐに辞めてしまって収入は0です。

本気でやれば月に何十万、何百万も稼いでいる人もいますので、専念すると収入はきっと上がると思います。

旅行ガイドはコロナの影響で収入0

旅行ガイドでの収入も0。これは、コロナの影響で海外から来る日本人がほぼ0なので参考にならないかもしれません。

普段は旅行ガイドをメインで働いている海外在住者もたくさんいるので、きっと魅力的な仕事なんだと思います。

コロナが落ち着いたら活動を開始したいと思っています。

海外フリーランスの仕事「難易度が低いものから始めてみよう!」

今回5つの職種を紹介しましたが、まずは収入を得るのに難易度の低い日本語教師かWEBライターから始めてみるのがおすすめ。

まずは稼げる職種からチャレンジして給料があった方が、経済的にも精神的にも安定するからです。(何ヶ月も収入0だと気分が滅入ってしまいます・・・)

中でもサクッと無料で登録できる クラウドソーシング「ランサーズ」クラウドワークス あたりはかなりおすすめです。登録して案件の進め方やライティングに慣れた頃、次の職種にチャレンジすると良いと思います。

私はランサーズを始めて3ヶ月で3万円、6ヶ月で6万円ほど稼げるようになりました。

6万円あれば、美味しいディナーにいったり、海外旅行に行くこともできますよね!

「いつか挑戦して見たいな〜」と大きく考えすぎず、小さな1歩を踏み出してみませんか?^^

紹介した海外フリーランス5つの職種

タイトルとURLをコピーしました